teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


日焼け対策の白さ

 投稿者:SORA 川内 たみメール  投稿日:2008年 4月30日(水)14時01分25秒
返信・引用
  れいさん

ご愛用ありがとうございます。

そうなんですね。
日焼け対策は、旧商品に比べ、吸収剤をやめ、ねんどと酸化チタンの働きだけで
安定した高いSPF値(20と表記していますが、23.5くらいはあります)を
出すために、酸化チタンが増えました。

酸化チタンはどうしても白くなるのを避けられませんが、ナノ分子にすることで
これでも、ずいぶんそれが押さえられているのです。

旧商品の酸化チタンをそのまま使ったら、もっともっと白くなってしまうので、
ナノの原料に変えたのでした。

また、この日焼け対策には、吸収剤ではないけれど、紫外線を吸収する力がある
胚芽オイルが配合されていますが、このオイルは粘性があるので、
ちょっと重い感じになっているかもしれませんね。

でも、皮膚の毛穴とかを目立たなくし、なめらかに見せる効果もあるので
化粧下地に愛用して下さる方も多いです。

肌に塗ったすぐ後は、空気が混ざって、なおさら白く感じるけれど、肌にぴったり
くっつくとあまり目立たなくなるような気がします。
スポンジなどでのばすとか。。。

ファンデーションと混ぜたら効果がもっと上がるでしょう。
(ファンデーションにも紫外線防御作用があると思うので)

ただ、ファンデーションにも粘土(違う種類の)が配合されているので
重ねづけをする場合は、上手にのせるような感じでつけないと
ヨリがでることがあります。

ミルキーローションと混ぜて使う、というのもいいです。

効果は多少落ちるとおもいますが、どちらにしろ、日焼け止めは
真っ白に厚塗りをするのが一番効果があるわけですから、
(SPFの基準になっているのも1㎠に2㎎と結構厚塗りです)

普通は みなさんそれほどの厚塗りはしていないので、
同じ効果を上げるには、たびたび塗り直しをしなければなりません。

ボディクレイはできるだけ、新アイテムは出さない方針でやっていますが、
内容的には、よりいいものを目指して、微調整を重ねております。

内容成分の安全性、効果などとのバランスがありますが、できるだけ
ご希望に添えるようにしてもらいます。

まだ、準備段階ですが、ボディクレイの姉妹ブランドの企画があります。

ボディクレイは赤ちゃんからお年寄りまで、という感じですが、こちらは
もう少し、化粧品に近い感じになると思います。
 
 

いつもお世話になっています。

 投稿者:ピンクハウス  投稿日:2008年 4月30日(水)09時23分33秒
返信・引用
  粘土のリンスは大きいサイズはないのでしょうか?
これから販売する予定等ありますか?
スキムミルクはのびがあまりよくないのですが、ロ-ションと混ぜて使用する。または
ミルキロ-ションだけで対応するどちらが良いでしょうか?
 

返答ありがとうございました、さらに質問です;

 投稿者:れい  投稿日:2008年 4月30日(水)01時59分0秒
返信・引用
  ナノでの回答で、皮膚に浸透していくことはなく、表皮上に留まるというお話をきいて、
ほっとしました、ありがとうございます。
さすがボディクレイです、これからもさらに愛用させていただきます!

先日、さっそく日焼け対策のサンプルを試してみました。
なめらかなクリームなのは気に入ったのですが、
普段白くなる日焼け止めを使用したことが無かったので、そのままざーっとぬったら、
その白さに驚きました(汗;
日焼け止めは、白くなる方が表皮上に留まってる感じがして、良いのですが、
私は色白の方なので、さらに白くなって、どうしたの?っていわれちゃいまして。。
後、このまま塗ると皮膚をおおう感じが結構ありまして、
ミルキーローションで薄めると、大分ましになったのですが、
薄めることで日焼け止め効果が薄れてしまうので、
なんとか、軽くならないかなーと思いました。

白さを防ぐ?ために、どうすればよいでしょうか?
今、MMU(ミネラルメイクアップ)のファンデーションをもっているので、
それと混合させて塗っても、日焼け止めの効果はおちませんか?
そして、できれば皮膚をおおってしまうような感覚が少しでも軽くなるよう・・改善していただきたい><
おおう感覚は、すごく気になってしまうので・・よろしくおねがいします!!

ねんどシリーズは色々でていますが、他にも何か新商品でないかなー・・と思ったりします。
とっても肌にあうお気に入りブランドですから♪
 

トリートメントとしてのヘナ

 投稿者:SORA  川内 たみメール  投稿日:2008年 4月29日(火)22時32分31秒
返信・引用
  ヘナを染める目的で使う場合は、少なくても1時間はおいておくべきですが、
トリートメントが目的の場合は、10分でも20分でも、それなりに効果はあります。

成分は、長くおけばより多く抽出してくるので、十分時間をかけてもいいのですが、
続ける事の方が大事なので、なるべくご自分のやりやすい方法になさってくださいね。
 

へナの感想と質問②

 投稿者:P.N 前田太尊  投稿日:2008年 4月28日(月)19時11分59秒
返信・引用
  川内 さま

お答えありがとうございます。

以前、アワルを使った事がありますが、へナより仕上がりが少ないようでした。
しかし、生産終了は寂しいです。

昨年まで、化学染料入りへナを使いましたが、皮膚が着いて残るようでした。

これからは、へナ10種のハーブを使ってみます。

トリートメント効果目的で放置時間は、少なくてもどの位置いたほうがいいでしょうか?
 

アワル

 投稿者:SORA 川内 たみメール  投稿日:2008年 4月28日(月)16時08分55秒
返信・引用
  ご愛用ありがとうございます。
9年前、というと、殆ど発売まもなくになりますね。
当時は、中身がはっきりしている安全なヘナは殆どない、という状況でした。
それで、原料をちゃんと把握でき、製造も目の届く、安心なヘナを、ということで
インディアンハーブプロジェクトをはじめたのです。
(ナイアードの前身・私もスタッフでした)

今でも、まだよくないもの(化学染料とか別の植物の粉や色素)をまぜたヘナが
出回っていて、たまにヘナも危ない!という迷惑なニュースが載ったりしますが、
ヘナ自体は危ないどころか、身体にもいいはず。あぶないのは、その混ざりものです)

開発当初から使ってくださっているとのことで、つい横道にそれてしまいました。


ご質問のアワルですが、実は、6月末で販売が終了です。
せっかくご質問頂いたのに、申し訳ありません。

ヘナだと白髪や薄い色の髪だと染まってしまうので、染めたくないけれどハーブで
トリートメントしたい方たちのために企画され、一部美容院などでは、ヘアケア用に
使われていたりしたのですが、、、
髪色の薄い人が多い欧米では、この染まらないタイプの利用者も多いようです。
(ニュートラルヘナといわれていますが、ヘナではありません)

ヘナシリーズの中で、一番トリートメント効果を期待できるのは、
10種のハーブ入りのヘナだと思います。

アワルもトリートメント効果がありますが、ヘナ自体もトリートメント効果があり、
染まるのがいやでなければ、アワルを使うのと効果はかわりません。

白髪が気になるようでしたら、ヘアカラーをやめて、ヘナ+木藍を試して
ごらんになりませんか?
(これにも10種のハーブが配合されています)

ヘナ100%や ヘナ+10種のハーブだけだと、白髪の部分は褐色っぽくなるけれど
木藍いりを数回続けると、白髪部分も焦げ茶系になり。(ヘアカラーよりも)
自然な感じに染まるはずです。

どうしても、というのでなければ、ヘアカラーをやめられると、髪質はより
向上すると思いますが。

ヘナ+10種のハーブも ずっと使い続けていくと、色が重なっていくので、
落ち着いた深い色になっていきます。

木藍とミックスしたり、交互に使うということも可能です。
 

ヘナの感想と質問

 投稿者:P.N 前田太尊メール  投稿日:2008年 4月28日(月)07時34分51秒
返信・引用
  僕がナイアードへナシリーズを使ってから、9年位経ちます。
以前、白髪が少し出て、ヘアカラーで染めていました。
乾燥しやすい髪なので、ヘアカラー後にへナを使用しています。
4年近く前から、シリーズのアワルは、へナと同じとヘアカラー後のトリートメント効果は期待できますでしょうが、へナ100%又はへナ100%&10種のハーブとミックスしてもいいでしょうか?
 

ナノ粒子の成分

 投稿者:SORA  川内 たみメール  投稿日:2008年 4月18日(金)11時22分36秒
返信・引用
  日焼け対策にはナノサイズの酸化チタンを配合しています。

少量配合していた吸収剤をやめて、安全性の高い無機の酸化チタン、それも従来のものに比べ、表面積が大きく、分散度も高く、白化しにくいナノ粒子のものに変えました。

ボディクレイの原料では、ナノサイズのものはこれだけです。

ナノテクは新技術として世界的に研究開発が推進されていますが、同時に、体内に入ったときの安全性など、リスク面の研究も盛んです。

米国では開発費の1割が安全性の研究に充てられているそうです。
(これは、日本の100倍だそうです。)

日焼け対策に配合されているのはアメリカの専門メーカーのもので、この酸化チタンも採用するにあたって詳しい資料を検討しました。

この酸化チタンは、ナノ粒子ですが、皮膚に浸透していくことはなく、表皮上に留まります。
ボディクレイの粘土、モンモリロナイトも0.2ミクロンとウイルス並みの微粒子ですが、こちらも、もちろん皮膚には浸透しません。
 

ナノテクについて。

 投稿者:れい  投稿日:2008年 4月16日(水)23時07分54秒
返信・引用
  ねんどの日焼け対策の表記に、超微粒子酸化チタンとあったのですが、
これはナノ使用という事ですか?
他の製品でも、もし使用しているものがあれば教えてください。
 

ねんどの粉

 投稿者:SORA  川内 たみメール  投稿日:2008年 3月 9日(日)11時32分46秒
返信・引用
  大丈夫ですよ。
ホームページでもお知らせしているように、
「無機でありながら、他の鉱物にはない、まるで有機物のような特性を持っていて、
そのため、生命の発生に至る進化のさまざまの段階で、鍵をにぎってきた物質」
なので、肌に負荷をかけません。

土やほかのタイプの粘土のように皮脂を取りすぎることはないのです。

詳しいことは、下記ボディクレイの手作りのページ(ワークショップ)をご覧ください。
ねんどの粉とシンプルジェルについての詳しい使い方が出ています。

http://www.organic-sora.com/BODYCLAY/index.html

 

Re: ねんどの粉について

 投稿者:なお  投稿日:2008年 3月 9日(日)10時32分56秒
返信・引用
  川内 さま

丁寧なご返答ありがとうございます。

もう一つ、質問させていただきたいのですが、ねんどの粉は毎日使用しても大丈夫でしょうか?(メイクはだいたい毎日するので)
 

Re:ねんどの粉について

 投稿者:SORA 川内 たみメール  投稿日:2008年 3月 7日(金)19時24分28秒
返信・引用
  なおさん

こんにちは。

オイルでメークは殆ど落ちていると思うので、不要なオイルと肌の老廃物を落とせればいいわけですね。
ねんどの粉に 水をいれてよく吸い込ませ、クリーミーなジェル状にしたものをお使い下さい。

ご存じと思いますが、ねんどの粉は、ナトリウム・モンモリロナイトという種類のねんどで
水を沢山吸い込むタイプです。
(ガスールは、あまり水を吸い込まないので、すぐに溶けて=
正確に言えば、こちらも溶けるのではなくて、水を吸い込む=簡単に使えます。

ボディクレイのねんどは、全部の結晶が、十分に水を吸い込んでしまうまで、だいぶ時間がかかります。

お急ぎの場合は、よく混ぜるといいですが、時間を掛ければ、放っておいても滑らかなクリーム状になります。

これをクリームのように塗って、しばらく置いてから、洗い流すといいと思います。

肌には弱酸、が常識みたいにいわれていますが、私は ほんとかな?と疑問に思っています。
ナトリウム・モンモリロナイトは弱アルカリなのですが、
美肌の湯、といわれる温泉は、どこもアルカリ泉です。

アインシュタインの目という番組で、美人の湯の効果の検証をしていたのですが、
15分間浸かっている間に、弱アルカリのせいで肌の表面がきれいになっている様子が
電子顕微鏡に映っていました。

ねんどの粉程度のアルカリは、5分や10分だったら 逆にいいのではないか、と思っています。

それでも、弱アルカリが気になる方は、ちょっと酸(お酢の類、ばら水とかでもいい)で
中和して使って下さい。

制菌剤を入れない状態だと、日持ちしないので、すぐ、使うように、と注意書きしていますが、
水とねんどだけで 他のものを混ぜなければ、冷蔵庫などで一週間以上保存も可能です。
(ただし、清潔に取り扱って下さい)

もっとさっぱりと洗い上げたいようでしたら、
オイルクレンジングのあと、ねんどのフェイスソープを試してみませんか。

このフェイスソープも石鹸系ですが、洗顔後のさっぱり感がちがうし、肌の手触りが違います。
 

ねんどの粉について

 投稿者:なお  投稿日:2008年 3月 6日(木)23時39分6秒
返信・引用
  こんばんは。ねんどの粉について質問させて頂きます。
私はメーク落としに、100%のホホバオイルでメイクを浮かした後に石鹸洗顔をしていました。ただ、なんとなく石鹸を使いたくないのですが、ホホバオイルの後にねんどの粉を
使えば化粧はおとせますでしょうか?ガスールは少しざらざらして使いにくかったのですが、こちらは刺激が少なそうなので使ってみたいと思いますが。
 

ねんどの日焼け対策

 投稿者:SORA 川内たみメール  投稿日:2008年 3月 3日(月)13時35分28秒
返信・引用
  ぷちぷちさん

>ちょっと残念なのは
>「ねんどの日焼け対策」が気付いたら内容が少し変わってしまったこと。。。
>私は昔の方が使い勝手が良かったんです。
>もし変更前の商品が残っていたら購入したいです(^^;

「ねんどの日焼け対策」の以前のバージョンは とてもよく売れていたので、
あのとき、変更するのに大決断でした。

以前のバージョンには、紫外線吸収剤(できるだけ安全性を考えて桂皮酸を)を
少量配合していたのですが、その配合をやめて、より安心な成分だけにすることに
したのです。

実際、あなたのようなユーザーも多かったので、しばらくは古い方も在庫して
いたのですが、もうなくなってしまいました。

ただ、新しいバージョンのSPF、PAの数値は以前より高く(表示はSPF20のままですが)
日焼け対策効果は上がっています。

酸化チタン(紫外線反射材)が増えたのですこし白っぽくなりますが、
以前の酸化チタンとは違い、非常に粒子が細かいので、透明感はあるのです。

肌につけた直後は、空気と混ざって白っぽさが目立ちますが、
押さえ込むようにすると、肌になじみます。

肌が滑らかに、きれいに見える効果もあるようです。
 

Re: ねんどの粉でフェイスパウダー

 投稿者:SORA 川内たみメール  投稿日:2008年 3月 3日(月)13時00分2秒
返信・引用
  ぷちぷちさん

クリームをご愛用頂いているのですね。
ありがとうございます。
クリームは私にとっても欠かせぬアイテムです。

さて、
ねんどの粉は新潟産のモンモリロナイト100%のものです。
このねんどは日本産のモンモリロナイトの中では、膨らむ力、吸着力が弱い方ですが、
水を吸った状態になると、成分がイオン化して、この粘土の特性を十分に
発揮することになります。

いろいろお伝えしている粘土の効能は、水を含んでジェル化したものについてで、
イオン化していない、単なる粉の状態のモンモリロナイトについては、
私たちは、残念ながら、お答えできる情報をあまり持っていません。

モンモリロナイトも 粉の状態のままだと、その特性は眠ったままなので、
コーンスターチやシルクパウダー、通常のフェイスパウダーと同じように
扱っていいと思います。
実際、そういう使い方をなさっている方もいるようです。

脂性の方なんかにはいいかもしれませんね。

でも、粉とはいえ、肌の汗や脂をすって、多少は変化するのではないかと想像しますが、
そういうテストもしていないし、データもないので、正確な情報を
お知らせできない不安も少しあります。

安全な素材の一つとして、この粘土の粉ーすべすべサラサラの粉ーを
フェイスパウダーとしてつかってみる、というのはとてもよくわかるのですが、
コーンスターチなどとの正確な割合など、あなたのご質問にお答えできるデータは
持ちあわせていないのです。
申し訳ありません。

自分でやるときは、根拠なくテキトー です。

どなたか、詳しい方がおられたらフォローしてほしいですが、、、

コーンスターチは食用でいいです。
手持ちのシルクパウダーは、食用にも肌用にも、と記載してありました。

答えになっていないですね。すみません。
 

ねんどの粉でフェイスパウダー

 投稿者:ぷちぷち  投稿日:2008年 3月 3日(月)03時38分21秒
返信・引用
  川内 さま

ねんどの粉をフェイスパウダーとして使ってみたいと思い、
いくつか教えて頂きたいです。以前
「フェイスパウダーの代わりに、ねんどの粉にコーンスターチ、
またはシルクのパウダーを少し混ぜて使ってみてもいいと思います。」
というコメントがあったのですが
ねんどの粉だけでは使用しにくいから、と言う事でしょうか?

そして混ぜるコーンスターチやシルクのパウダーの割合ですが
「少し」とはどの程度なんでしょうか?
目安程度でいいので教えて頂きたいです。(割合など)

そして混ぜるコーンスターチとシルクのパウダー、は好み?の問題でしょうか?(^^;
違いなど教えて頂けると有難いです。

また、コーンスターチはスーパーなどに売っているものでいいんでしょうか?
シルクのパウダー、こちらも食用のでいいのでしょうか?

質問攻めですみません。。。
ねんどのクリームを愛用してはや5年以上♪
使い慣れるまでは試行錯誤ありましたが、今はこちらを外すことは出来ません。
ちょっと残念なのは
「ねんどの日焼け対策」が気付いたら内容が少し変わってしまったこと。。。
私は昔の方が使い勝手が良かったんです。
もし変更前の商品が残っていたら購入したいです(^^;

余談長くなりすみません。。。
それではお返事、どうぞ宜しくお願い致します。
 

石けんのこと

 投稿者:SORA 川内 たみメール  投稿日:2008年 3月 1日(土)21時49分23秒
返信・引用
  ピンクハウスさん
ご愛用ありがとうございます。

石けんと一口に言っても、千差万別、見かけだけ固形石けんのようだけど、
中身は合成界面活性剤のものまであります。

肌にいいオイルでコールド製法や釜焚き法などの方法で丁寧に造られた石けんは
大体いい石けんだと思われますが、それでもいろんなランクがあると思います。
(高価だからいいとは限りません)

ねんどのソープは、石けんの力だけでなく、
ねんどのタンパク質(垢=古い角質)を吸着する力を利用して、
刺激は弱いのに、しっかり汚れは落とせます。

肌が弱い方にはおすすめです。

でも、アレッポの石けんも肌の弱い方に好評ですし、
SORAで扱っているコールド製法の石けんは最高レベルと思います。
(カサブ石けん/¥1050,リトルカサブ/¥550アルガン石けん/¥1050、小¥368)


身体用、顔用、髪用と お好みで選んで頂ければいいと思います。
もちろん、全部を一つの石けんでもかまいませんが。

ご家族でたっぷり使うようでしたら、ねんどのソープ1kgがお得です。
髪も、顔も、身体もこれだけで大丈夫と思います。
 

固形石鹸

 投稿者:ピンクハウス  投稿日:2008年 3月 1日(土)20時57分17秒
返信・引用
  何度か購入しています。
今私のお気に入りは粘土の歯磨き粉です。
さて本題です。
粘土の入浴剤、ソ-プ等使用しています。
固形石鹸よりもやはり粘土のソ-プの方が良いのでしょうか?
子供達がアトピ-とまでへ行きませんが、肌が弱いです。
そろそろ購入時期なのでよろしくおねがいします。
 

Re: モンモリロナイトの働き

 投稿者:あみ  投稿日:2008年 1月30日(水)20時28分7秒
返信・引用
  > No.556[元記事へ]

SORA 川内 たみさんへのお返事です。

たみさん、さっそくのお返事ありがとうございます。
16年間、息子のアトピーと戦って!?きました。
今のようにネットも無く、情報も本くらいしかなかった時代からです。
大袈裟な表現ですが、孤独な戦いです。
でもこうして商品を通じ、お返事を頂ける事は、とてもありがたく思います。

馬油とスキンミルク、塗る順番を変えたり、他の製品も混ぜてみたりして、色々試してみようと思います。
アトピーは個人差もあり、一概には言えない事が多いですものね。
まずは試してみる。これ大切だと痛感しています。
息子の経過や変化を、こちらでご報告出来たらと思っています。
それが、少しでも同じ思いのお母さん達の参考になれば幸いです。
ありがとうございました。
 

モンモリロナイトの働き

 投稿者:SORA 川内 たみメール  投稿日:2008年 1月30日(水)18時49分20秒
返信・引用
  あみさん
ありがとうございます。
今の季節、カラカラに乾燥しているので、アトピーの方だけでなくても ボディクレイだけ
では保湿が足りない、ということは、あるとおもいます。

私も、冬になるとオイルを少量ボディクレイに混ぜて使っています。

モンモリロナイトは水やオイル、タンパク質を抱え込むのは得意ですから、混ぜて使うのは、
まったく問題ないのですが、
ボディクレイをつけたあとでオイルを塗るとピーリング(ゴマージュとも言う)した状態
になって、ねんどがポロポロ落ちてくるのです。
(一緒に、ねんどが抱え込んだ肌の汚れも落ちるので、ポロポロを落とすか、洗い流すと
すっかりきれいになるのですが、、、)

ですから、普通は オイルを先につけてから、ねんど、という順番で使ってもらっています。

馬油と液状のオイルとは違うかもしれませんね。

私も最近は ミルキーローションをつけてから、アルガンクリーム(ビーワックスとオイル
の固めのクリーム)ということが多いですが、この場合は、ポロポロにはなりませんから。

学術書で調べてみると、肌につけたオイルの皮膜も、ねんどの皮膜も 私たちのイメージとは
違って、細かい隙間もあるし、柔軟のようなので、どちらも肌に作用するのではないか、
と思います。

ボディクレイはアトピーに効くとよく言われるのですが、
痒みが軽減して掻かなくなったとか、よく眠れるようになったとかいうのは、
モンモリロナイトが痒みを脳に伝達するヒスタミン(タンパク質)を包摂するからだと
思っています。

アトピーが治ったという方は、痒みが和らぐことによって、悪循環が絶たれて、症状が
改善されたのではないか、と思っています。
(モンモリロナイトには、まだ解明されていない働きもあるので、別の効果もあるのかもしれませんが)

地球上に生命が発生したときにモンモリロナイトが重要な働きをしたようだ、という説が
近年、有力になっています。

モンモリロナイトと関わって20年にもならない私たちでさえ、この粘土は生命体にいい働き
しかしないようだ、と感じています。
(生命体には、人だけでなく、虫や菌も含まれますが)

粘土科学の分野ではいろいろと学んできましたが、皮膚科学との関連では、まだまだ
研究されていない、わかっていない分野が多いのです。

あみさんのご質問にも、残念ながら、経験的なことからしかお答えできません。

実際に試してみて、お気づきのことがあったら ぜひ、教えてください。
お役に立てない上、図々しくお願いまでして申し訳ありませんが、
きっと他の方にも役立てていただけると思うので。
 

レンタル掲示板
/25