teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:19/178 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

~14回~ 前置詞について

 投稿者:Robert@Chana  投稿日:2007年11月12日(月)22時11分56秒
  通報
  前置詞は、後に来る目的語をお膳立てする為の品詞。 動詞と密接に関係する。

Handbookによると、
Prepositions(前置詞)::
 A preposition introduces a noun or pronoun (or pharse or clause functioning in the sentence as a noun), linking it to other words in the sentence.
 The word or word group the preposition introduces is called its Object.
(直訳すると、名詞もしくは代名詞(表現、文の中で機能的な名詞節)の前に置く物、文中のほかの言葉と橋渡ししる物。その言葉、もしくはその語彙に対して前置きをつけたものを、その目的語と呼ぶ)

 名詞、代名詞などの前に置き、後に来るもののお膳立て的な役割を果たすものを、前置詞と言う。
 また、前置詞は、前置詞の後に来るものを、前置詞の目的語と呼ぶ。

例文:
             prep  obj     prep    obj prep    obj
                            「 ̄↓      「 ̄ ̄ ̄ ̄↓ 「 ̄ ̄ ̄↓
 They recived a postcard from Nancy telling about her tirp to United Kingdom.
                          ----        -----          ---

何から? ~について、 何処へ?
 と常に後に来る内容に対してのお膳立てがある。

これらの前置詞は、理論で考えると苦戦する、日本人からするとエラク厄介者。
ネイティブ言うなら、国語で幼稚園、小学校、中学校と厳しく学ぶし、日常当たり前に使う。

日本語の活用変化みたいなもの。

使い分けるコツは、文章を見て現実がイメージ出来るかどうかです。

EREQUENTLY USED PREPOSITIONS
about               beneath          inside           since
above               beside           into             through
across              between          like             throughout
after               beyond           near             to
against             by               of               toward
along               concerning       off              under
among               despite          on               underneath
around              down             onto             until
as                  during           out              up
at                  except           outside          upon
before              for              over             with
behind              from             past             within
below               in               regarding        without


52種類と多いですが、頑張って使ってみてください。
逆に言うと、この52種類を完璧に使いこなせるなら、ネイティブを超えていると言えます。
(※※大学の論文の添削で、ネイティブでさえも時折間違えて、英文学の教授から、訂正されますので!※※)
 
 
》記事一覧表示

新着順:19/178 《前のページ | 次のページ》
/178